東京恵比寿の飲食店運営、コンサルティング|株式会社イーデザイン

edesing

12/27
2014

年末年始は何食べる?

2

師匠も走らす師走、後手後手に回って結局慌ただしくなるのがオチな自分、それが毎年、 年賀状は惚けよう、大掃除はポイントだけ、初詣は5日までに行けばいいやなんて...
断捨離で挑んだ大掃除、昔のアルバムを発見してハマり、一日終了なんて経験はありませんか? 大掃除をしていると、いるけどいらないの物ってありますよね。ん~と悩ましく、結局タンスに眠る運命。 時間があるなら一石二鳥のオークションで売っちゃいましょう!

我々がどうしても気になる事は新年の初競りでマグロがいくらになるかですね(笑)
後はおみくじで吉が出ないこと。無難過ぎてネタにならないことだけは避けたいですね。

当社各店の年末年始営業

2014年7月にオープンした渋谷『アマルゴ』は初年度ということもあり、年内30日まで営業。新年は1日のみ休業とさせて頂き、2日~4日に御来店のお客様にはスプマンテを振舞う予定です。約2年間の充電期間を過ごし現在好調なビストロアンコニュはスタッフのモチベーションが高く、昨年多くいらして頂いたお客様のために新年4日から先行営業致します。地中海バルクアトロは従業員のクリスマス以降の予定がなくなるという悲しいハプニングがあり、例年通り営業します。12月は31日まで新年は1日のみお休みさせて頂き、2日より営業致します。

その他、保守派の多い既存店は田舎への帰省や、特に予定はないけど何かあると期待する人が多く、各店年内は30日まで、年始はバル店舗は4日より、和食店舗は7日より営業致します。

新年に美味しいものはどこで食べれる?

大きなターミナル駅や神社の周りでは営業している店も多いけど、混んでて避けたくなりますよね。そんな時はやっぱりネット検索!…でも、グルメサイトでは営業してない店も多く出てきてわからないんですよね。そこで、というほどのものはありませんが、やはり大手やチェーン店、中身は別として変わらない安定感があります。特に保存が効く牛肉は正月でも平常時と品質はほとんど変わらないはずです。

基本的に中央市場は5日までやっていないのでどこのお店も30日に仕入れたものを使用している場合が多いです。お魚は大丈夫?新鮮じゃない?と思われますが、魚や貝は活かしておけば一応問題ありませんし、マグロなんかは手当が良ければ長持ちします。生の青魚だけはちょっと難しいと思います。正月営業の寿司屋も去年の在庫か冷凍か、泳がせの養殖が殆どですが地方から直送していたりもしますので一概には言えません。もちろんスーパーも同じです。実際は下手な生物より、最良の状態で冷凍した物の方が美味しい場合も多いですので何とも言えませんね。せっかくの新年ですから美味しくないものはまず食べたくないですよね。

新年も当社各店を宜しくお願いします!