東京恵比寿の飲食店運営、コンサルティング|株式会社イーデザイン

edesing

12/28
2014

美味しい鍋で心から温まろう♪

1

寒い時期は体も冷えて温かいものが恋しい季節、皆さんも鍋が食べたくなりますよね。
冬の定番である鍋料理。全国のご当地鍋、定番鍋だけでもその数は100種類以上、さらにお店や家庭のオリジナルなどいれたら鍋のレシピは無限大。鍋に入れれば全て鍋!何を入れても鍋です!

そこで、皆さんは何鍋が好きですか?
巷の好きな鍋ランキングによると、1位はみんな大好き「キムチ鍋」だそうです。2位は贅沢感のある「しゃぶしゃぶ」、 3位は美容効果も人気の「水炊き」だそうです。4位以下は「もつ鍋」、「よせ鍋」、「ちゃんこ鍋」、 「豆乳鍋」、「湯豆腐」、「カレー鍋」、「牡蠣鍋」の順位だそうです。意外?な結果ですね。

そんな鍋ランキングにはカスリもしませんが、せっかくの外食なら家庭では食べれないちょっと贅沢な鍋を是非食べて欲しいところ。オススメの絶品鍋を御紹介致します。

鍋の王様『クエ鍋』

幻の魚ともいわれる高級魚、西日本では「クエ」、東日本では「モロコ」、 九州では「アラ」と呼ばれているスズキ目ハタ科のお魚。潮の速い岩場に棲み、 主に魚類や伊勢海老等の甲殻類を捕食します。大きいものは体長1m以上、重さ20k以上、 熱を加えるとコラーゲン豊富な身がギュッと締まり、旨みが口いっぱいに広がります。
その味は「クエを食ったらほかの魚はくえん」といわれるほど...
そんなクエ鍋は恵比寿の和食店『黒帯』や『居酒屋佐藤』でお召し上り頂けます。

冬場の理に適った鍋料理

どんな鍋でも名脇役野菜の白菜やネギ、体の芯から温まるには野菜の栄養が不可欠です。特に冬が旬の根菜類は体を温める野菜をたくさん食べれる鍋は温まります。ネギには抗菌作用が有り、風邪予防やイライラ解消に効きます。脂との相性が良いのも理に適っており水溶性ビタミンが脂溶性に変わり消化を助けてくれますのでいわゆるダイエット効果があります! 白菜のビタミンの多くは水溶性のためスープに溶け出でてしまいますので食べるより飲む! せっかく具材の旨みと栄養の出たスープ、飲まなきゃもったいないですね。 そう考えると鍋は食べ物じゃなくて飲み物かもしれませんね。飲みきれなければ〆に雑炊にするのも良いですね。